何度目のマイクラブームでしょうか……。

みなさんこんにちは。
前回のマイクラの記事から三ヶ月くらい経ちましたね(遠い目)。
実を言うとあのワールドはエンダードラゴン倒しにいく準備をし終えたところで、熱が冷めたのかやらなくなりました。

今までこんな形で投げたワールドは数知らず。
「マザーベース建設」「お城」「エンドラ討伐」はワールドが投げられるフラグです

今まで新しいワールドを作っては投げて、作っては入れなくなるくらい重くなって、そんなことを繰り返していたので、8月に始めた最新バージョンのワールドもすぐに辞めるだろうと記事を書かなかったのですが……

なんか今までで一番発展して長続きしました。
(なんでこれを動画化しなかったのか…)

ということで、ある程度発展してしまった後ではありますが、出来た建物を紹介したり進捗を乗せたり記事にしていきたいと思います。

 

 

(初めて村の地図を作った辺りの記念写真。現存する一番古い写真です。)

ちなみにこのワールドのプレイヤーはパンダ、鳥、ヤモりん、八重、空蛇の五人、ver1.12.1  modやテクスチャなしのバニラ環境です。
前置きが長くなりましたが、村に建てられた順に建物を紹介していきましょう。

 一番最初に建てられた建物は、今では村の展望台になっている八重の家です。
建てられた当初は資材が乏しく、松の木材のみで建てられた豆腐でしたが、ヤモりんがのちに改装を施し、3階まであります。
この村のしょん長(村長:ヤモりん)が村の景観を守るため、この展望台より高い建物は建ててはいけないという掟も定められました。

 

八重の飼っているペットの暁とシュルツです。シュルツの名は、艦これに出てくる駆逐艦Z3(マックス・シュルツ)から取ったとのことです。

 (▲展望台からの眺め)

 次にこの村に建てられた建造物はこちら、鳥の地下採掘場への入り口です。

 初期で資材が足りてないっていうにもかかわらず、みんながかき集めた木材を惜しみもなく投入してヤモりんの手によって作られました。
正直、『たかが入り口にこんな木材を使いやがって』とか思ってたりしましてました。
でもそこそこかっこいいから何も言えない。

 三番目に建てられたのは我らがしょん長、ヤモりんの家です。

 サバイバルでは資材調達が建築には伴いますが、ヤモりんの場合はそんなこと気にもせず、原木をふんだんに用いて建てられました

ベランダから見える景色はなかなか。(上の写真にヤモりん、鳥、八重が隠れているよ!探してみてね!)

さすがに記事書くの疲れてきたので今日はこの辺で。
次は上の写真に見えている公園から紹介していきます。

ではでは。

カテゴリー: minecraftゲーム

adjectival_panda

私はパンダです。カフェオレ大好きです。カフェオレ恵んでください。雪印崇拝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です