( ゚д゚)だってリージョン、イングレ持ちでガジェットも銃も割と優秀で強いんだもの。


最近はもう慣れきって、現在位置と周囲の状況があらカタわかっていれば、見えて無くても狙った位置を撃てるようになってきましたね。
この試合は途中までこれと言った進展が無いので、リージョンとしては逆に助かります。
3:20-来るのか来ないのか分からなくて、キタァ!?って感じで撃ったら当たりましたネ。
3:35-敵の位置がわかったので裏取り。銃撃音にまぎれて走れば、割とバレません。
4:00-ブリッツを視認したので壁に当てる要領でぶっ飛ばします。
周囲に壁がない時は床を狙うと良いよ!!


前回の盾は好戦的でしたが、今回は護身に徹しています。
だってむやみに突っ込んで死ぬだけより良いでしょ?
1:30-盾は基本的に初撃でやられることは無いので、ドローンである程度索敵したらさっさと入って威圧に限ります。
ドローンで索敵して自分だけ分かっているより、自分の体ごと索敵して味方にどこまでクリアかを伝えることが出来るのも盾の強み。
2:40-盾が展開シールドを利用して護身。ぶち抜かれる心配がないのでホント、安心です。
4:00-盾だからといってロングで戦えないわけではありません。
むしろ予想外の一撃を与えられます。


1:50-盾は背後を取られないことが第一なので、裏取りをされにくい(または裏取りに気付きやすい場所)で戦うのが大事です。
2:15-ボムは2階、味方は直攻め。こんなところで背後を取られることはないので、堂々と入ってフラッシュを焚きゴリ押しでぶっ倒します。
2:20-と思ったら裏取りが来ました。怖いわ。。。
ここは生き残ること優先です。盾がロングで動いてる足3と対峙するのは愚の骨頂。
3:00-味方が挟むようにいてくれたので自分も突入して行きます。
味方はやられましたが、その分銃弾を使ってくれたのでこっちのハンドガンで復讐です。
3:10-最後はひたすら冷静に敵の方をじっと見つめます。
盾はやられなければ勝ちなんです。
最後は味方に倒してもらって助かりました。

というわけで、攻勢に転じる瞬間の見極めが大事ですね。
遅くても敵に逃げられ、早すぎても味方にフォローしてもらえない。
そんなことがないように、しっかり周囲を見てから行動するべき。
なんだか、現実でも同じことを言っていると偉そうですね(突然の怒り)。
( ゚д゚)まぁ、臨機応変ってのが出来る人間は現実でもゲームでも強いと思いますよ?そんじゃ、バイチャ!!

カテゴリー: Rainbow Six® Siege

ParpuruMg

ParpuruMg

特殊部隊の隊員だったり、階級万年大将の提督だったりする、ゲーム大好きのパープルMgです。最近狩人始めました。 その手のネタばかりなので、わからん人、興味のない人はバック・トゥ・ザ・フューチャー。でも興味を持ってほしいのよ?ぜひ興味持って欲しいネ。 そんじゃ、バイチャ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です